バーチャル特別展「アノニマス - 逸名の名画 -」

VIRTUAL TOHAKU ANONYMOUS
時をかける少女 東京国立博物館
VIRTUAL EXHIBITION バーチャル特別展 2020.12.19 Fri - 2021.02.28 Sun

チケット購入・
体験方法はこちら

TICKETS

NEWS

20.11.18

細田守監督と松嶋雅人(東京国立博物館研究員)によるスペシャル対談決定!

20.11.18

VIRTUAL EXHIBITION バーチャル特別展「アノニマス ―逸名の名画―」公開決定!

「時をかける少女」の劇中、
少年「千昭」はある展覧会の
絵画を探し求めていました。

アニメーション映画「時をかける少女」の劇中、少年「千昭」はある展覧会の絵画作品を探し求めていました。実はその展覧会は、東京・上野の東京国立博物館をモデルに描かれた、この映画のためだけの、現実では開催不可能な特別展でした。
映画公開から14年の時を経て、ついにこの特別展「アノニマス ―逸名の名画―」が、バーチャル東京国立博物館「バーチャルトーハク」内で実現します。

VIRTUAL
EXHIBITION

バーチャル特別展
「アノニマス ―逸名の名画―」

2020.12.19Sat2021.02.28Sun

アニメーション映画「時をかける少女」のストーリーで重要な意味を持つ美術作品「白梅ニ椿菊図」。劇中でこの絵画が展示される架空の特別展「アノニマス -逸名の名画-」では、東京国立博物館の監修のもと、作者が不明とされながらも名品として脈々と受け継がれてきた作品を集め、展示していました。

映画では全容が明らかにされていないこの展覧会を、東京国立博物館の一部をVRで再現した「バーチャルトーハク」で開催します。バーチャルSNS「cluster」内に開設されたこの会場で、ユーザーはプラットフォームを通して自由に空間内を歩き回ることができます。
次世代を感じさせるVR空間と、14年経っても色褪せることのない名作「時をかける少女」の世界観、そして時代を超えて愛される日本美術を、“自由”に、そして“思う存分”楽しんでいただくことができるバーチャル特別展です。

ABOUT VIRTUAL TOHAKU
ABOUT VIRTUAL TOHAKU

ABOUT
VIRTUAL
TOHAKU

バーチャル
トーハクとは?

バーチャル東京国立博物館「バーチャルトーハク」は、実空間とは異なる、さまざまな文化財の鑑賞体験をより多くの人に伝える場として東京国立博物館の一部をVRで再現したバーチャルミュージアムです。

東京国立博物館について
東京国立博物館は、1872年(明治5年)に開館した日本で最も伝統のある博物館です。日本と東洋の文化財の収集保管、展示公開、調査研究、普及などを目的として独立行政法人国立文化財機構が運営しています。

ABOUT VIRTUAL TOHAKU

SPECIAL
EVENT

細田守監督×松嶋研究員
スペシャルトークライブ

「時をかける日本美術」

2020.12.18Fri19:00Start

バーチャル特別展「アノニマス ―逸名の名画―」の公開を記念して、アニメーション映画「時をかける少女」を手掛けた細田守監督と、劇中の展覧会とバーチャル特別展の監修を務めた東京国立博物館の松嶋雅人研究員を迎え、バーチャルトーハク内でトークライブを行います。

「時をかける少女」でもモデルにされた展示室を再現した空間で、細田監督作品やアニメーション技法を日本美術と絡めて、その魅力を紐解きます。

細田守監督
松嶋研究員
細田守監督

映画監督

細田 守MAMORU HOSODA

1967年生まれ、富山県出身。1991年に東映動画(現・東映アニメーション)へ入社し、アニメーターを経て演出(監督)になる。1999年に「劇場版デジモンアドベンチャー 僕らのウォーゲーム」で映画監督としてデビューを果たす。その後、フリーとなり、「時をかける少女」(2006)、「サマーウォーズ」(2009) を監督し、国内外で注目を集める。2011年、自身のアニメーション映画制作会社「スタジオ地図」を設立し、「おおかみこどもの雨と雪」(2012) 、「バケモノの子」(2015)でともに監督・脚本・原作を手がけた。最新作「未来のミライ」(監督・脚本・原作)は第71回カンヌ国際映画祭・監督週間に選出され、第91回米国アカデミー賞®長編アニメーション映画賞にノミネートされた。

松嶋研究員

東京国立博物館研究員・
文化財活用センター企画担当課長

松嶋 雅人MASATO MATSUSHIMA

1966年大阪市生まれ。1992年金沢美術工芸大学修士課程修了。1997年東京藝術大学大学院博士課程満期退学。1998年より現職。2018年7月より独立行政法人国立文化財機構文化財活用センター企画担当課長併任。主な展覧会に「没後400年 長谷川等伯」(2010)、「生誕150年 黒田清輝―日本近代絵画の巨匠」(2016)、「マルセル・デュシャンと日本美術」(2018)ほか。文化財の調査研究以外にもさまざまな活動を展開しており、細田 守監督作品「時をかける少女」(2006)、「バケモノの子」(2015)の制作に協力。

ARCHIVE
MOVIE

細田守監督×松嶋研究員スペシャルトークライブ「時をかける日本美術」の
アーカイブ動画を特設ニコニコ動画チャンネルで配信します。(12月下旬公開予定)

coming soon

TICKETS チケット購入・体験方法はこちら

バーチャル特別展 今すぐチケットを購入する!

バーチャル特別展
今すぐチケット
を購入する!

購入・入場はこちらから

チケット購入・入場フロー

細田守監督×松嶋研究員のスペシャルトークライブ

細田守監督×松嶋研究員

スペシャル
トークライブ

購入・入場はこちらから

チケット購入・入場フロー

Makuakeの応援購入で限定セットを手に入れる

Makuakeの応援購入で
限定セットを
手に入れる

購入はこちらから

チケット購入・入場フロー

トークライブのアーカイブを視聴する

トークライブの
アーカイブ動画全編を
視聴する

coming soon

チケット購入・入場フロー

VIRTUAL
TOHAKU
バーチャルトーハクの
無料体験はこちら

バーチャルトーハク 今すぐ無料体験する!

バーチャルトーハク
今すぐ無料体験する!

coming soon

無料体験ゾーン入場フロー

clusterからの
チケット購入・入場フロー

01

clusterアカウントを作成

02

clusterの「バーチャル特別展」
イベントページからチケット購入

03

clusterアプリをインストール

04

clusterの「バーチャル特別展」イベントページから「入室する」ボタンで入場

バーチャル特別展 今すぐチケットを購入する!

バーチャル特別展
「アノニマス - 逸名の名画 -」

購入・入場はこちらから

clusterからの
チケット購入・入場フロー

01

clusterアカウントを作成

02

clusterの「トークライブ」イベントページからチケット購入

03

clusterアプリをインストール

04

clusterの「トークライブ」イベントページから「入室する」ボタンで入場

バーチャル特別展 今すぐチケットを購入する!

細田守監督×松嶋研究員
スペシャルトークライブ

購入・入場はこちらから

Makuakeからの
チケット購入・入場フロー

01

Makuakeアカウントを作成

02

Makuakeで応援金額に応じた
リターングッズを選択、応援購入

03

clusterアカウントを作成、
ユーザーIDを設定

04

clusterのユーザーIDを
Makuakeメッセージ機能で連絡
(入場権が付与されます)

05

clusterのイベントページから
「入室する」ボタンで入場

バーチャル特別展 今すぐチケットを購入する!

応援購入
限定セット

購入はこちらから

niconicoからの
アーカイブ視聴フロー

01

niconicoで視聴決済

02

視聴専用リンクへ進む

03

決済後通知されるパスワードを入力し、
視聴ができます

バーチャル特別展 今すぐチケットを購入する!

今すぐチケットを
購入する!

coming soon

無料体験ゾーン
入場フロー

01

clusterアカウントを作成

02

clusterアプリをインストール

03

clusterの「バーチャルトーハク」
ワールドページから入場

バーチャル特別展 今すぐチケットを購入する!

バーチャルトーハク
無料体験

入場はこちらから

ORIGINAL
GOODS

公式オリジナルグッズ

バーチャル特別展「アノニマス ー逸名の名画ー」公式スペシャルオリジナルグッズを販売します。
※Makuakeの応援リターンとは内容が異なります

オリジナルグッズ